toggle
2016-09-18

カリブラコア・ティフォシー

こんにちわ。花隊長です。

このところバタバタしておりましてなかなかアップできずごめんなさい。

秋に装いとともにハナモミジさんにお送りするお花が段々と増えてきましたよ。

それに伴い小森社長のプレッシャーが・・・・。

がんばっていい苗送ります~ブログもがんばって書きます!!!!!!!!!!!!!

僕の一押しのティフォシーについて書きます。

生産者の川村さん

管理場所は日光のよく当たる、風通しの良い戸外で管理してくださいね。

水は土が乾いたら、鉢底から水が流れ出る位たっぷりあげてください。

春と違って秋は葉や花に水がかかると傷みやすいため、水は上からかけず株元にあげてくださいね。

1ヶ月に1回市販の固形肥料を与えてくださいハナモミジさんにあります。
開花中は、週に1回市販の液体肥料を与えると、さらに花付きが良くなりますよ。

    

冬までに1~2回切り戻すことをお勧めします。
基本的には一年草として扱われていますが、冬の間暖かい場所で管理すると、冬越しできる
場合もあります。

(霜や雪には直接当てないよう注意してください。霜が降りる前に軒下か暖房の効いていない、明るい室内に取り込みましょう)

うまくに冬越しすると、3月頃に再び開花します。

市販されている花と野菜の土(培養土)で植え付けるか、赤玉土6腐葉土4を混ぜたものを使うか、ペチュニア・カリブラコアの専用土で植えてください。
あと連作障害を起こすことがあります。

昨年ナス科(ペチュニア・サフィニア・トマトなど)の植物を植えた場所には植えないでください。

枯れないまでも病気になりやすくなったり、生育不良を起こしてしまいます。

カリブラコア「ティフォシー・ダブル」がかかりやすい病害虫

■アブラムシ 発生時期:3~10月(4~6月、9~10月に多く発生)
■灰色カビ病 発生時期:3~12月(4~7月、10~11月に多く発生)
「ベニカXファインスプレー」等の市販の殺虫殺菌剤を、定期的に散布しましょう。
風通し良く管理することで病害虫の予防になります。

「ティフォシー」とは、イタリア語で「熱狂的なファン」という意味です。

ハナモミジのファンの僕はこらからもがんばってブログを書き込みますのでよろしくお願いします。

花隊長
レイクサイドナーセリー 代表 中島孝司 滋賀県で鉢物卸売を展開。
あおき式ギャザリング認定ギャザリスト
全国のさまざまな種類の鉢物生産者との面識を生かし、質にこだわった植物のみを厳選し集めています。華もみじと業務提携し、ギャザリングに合う最高品質の苗を提案。ブログでは植物の紹介や季節のアドバイスをしてくれる、花隊長です♪なんでも質問してね♪

関連記事
Comment





Comment