toggle
2016-08-31

明日の入荷は秋の装いです・・・。

こんにちわ。花隊長です。

今日の天気だと秋???って思えるぐらい涼しくて食欲が増しちゃいます!

油断してると残暑で夏バテするんですよねぇ・・・・。

それでも市場は秋らしくなってきたんでこの時期はやっぱり実物ですよ。

グランベリーがめっちゃかわいいんです。3022

クランベリーとは、ツツジ科スノキ属ツルコケモモ亜属に属する常緑植物です。

小粒で真っ赤なその実は酸味があり、生で食べるよりもジャムによく使われます。

あまり馴染みがないんですが、クランべりーはポリフェノールやビタミンが多く含まれていて美容やダイエットに効果があるって知ってた?

クランベリーの原産地はアメリカの北部と言われていて、他にも北ヨーロッパや北アジアなどに自生しています。

だから、寒さには非常に強く-40度でも耐えられると言われているのです。

そして寒さにあてないと花芽がつかない為、寒さに当てる育て方が重要になってきます。

でもね霜にあたってしまうと痛むので、育て方で気をつける際は霜の当たらない場所で管理することですね!

寒さに強いクランベリーですが、その反面暑さには弱く、夏は暑さ対策が必要になります。やっぱり九州では鉢植えがおススメですww

すごく実の多いのを入れておきました。早い者勝ちww

もともと冷涼地の果樹なんですよねぇ、暖地では成長が悪く、果実も本来の味にはなかなかならないんです。

だ・か・ら・なかなか観賞の枠を出ないんです。

そこで栽培のワンポイント!!!

栽培用土は水ゴケだけでもいけるぐらいなんでギャザ向きの植物なんですがめっちゃ酸性土壌を好みますよ。

鉢植えにする場合でもピートモスや水苔、鹿沼土を混ぜ、酸性の水はけの良い用土にすることが大切です。

大体2年に1度くらいは植え替えをしてあげると良いでしょう。植え替えの時期は、11月から3月の休眠期に行うのが良いですよ。

のでブルーベリー用の土に植え替えることがおすすめです(簡単)ww

以上を踏まえておさらいしましょう!

水枯れが一番ダメなんで冬場でも水を枯らさないこと、花芽をつけるために寒さに当てること、暑さ対策をしっかりすること。

クランベリーの育て方・栽培方法どうでしたか?

寒さにはとても強いけど、暑さはちょっと苦手、土と肥料に適切なものを使って、水やりをサボらず、そして育てる場所に気をつけてあげれば、結構簡単に育てられます。

まじめに書いてみましたwww

花隊長
レイクサイドナーセリー 代表 中島孝司 滋賀県で鉢物卸売を展開。
あおき式ギャザリング認定ギャザリスト
全国のさまざまな種類の鉢物生産者との面識を生かし、質にこだわった植物のみを厳選し集めています。華もみじと業務提携し、ギャザリングに合う最高品質の苗を提案。ブログでは植物の紹介や季節のアドバイスをしてくれる、花隊長です♪なんでも質問してね♪

関連記事
Comment





Comment